洗う作業は人を豊かに

2021年06月22日 22:35

沖縄の靴磨きの少年のジオラマを、沖縄平和記念資料館で、何回も見ますが、見るたびに言葉じゃない何かが伝わってきます。
上段の写真も、前後の沖縄の写真集等でよく見ますが、とても心を動かされます。

昔から、洗う作業や清掃業は、どちらかと言えば人が嫌がる仕事で、生活に困った人が仕方なくやっている、というイメージが少なからずあると思います。

わたしも、はじめは、生活に困りお金に困りはじめました。
ですが、掃除をやるにつれ、お客様がとても喜んで笑顔を見せてくれますし、私たちも、そのお客様の姿に、感動させていただける仕事なんだなと、日々身体に染みて、わかってきました。

掃除の大先輩である、沖縄の靴磨きの当時の少年に恥じぬよう、我々ネコの手も、日々、愚直に掃除業に取り組んでいく所存です。

コロナ禍の中、お役立ちのできるハウスクリーニングのあり方を日々模索してまいります。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

↓下記写真タップで当社のホームページがご覧になれます。

前のページ
心を込めた手作業
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)